メニュー

Whisky Base Cocktail

MANHATTAN マンハッタン

19世紀後半ごろ誕生し、現在まで世界中の人々に愛され飲み継がれてきたカクテルである。〝カクテルの女王〞とも呼ばれている。故チャーチル英国首相の母堂が考案した。などと諸説あるが、1846年メリーランド州のとあるバーで、傷ついたガンマンのためにバーテンダーが気つけの一杯として作ったといわれている「ウイスキー、シュガーシロップ、ビターズを混ぜた飲みもの」これがやがてニューヨークまで伝わりシュガーシロップがレシピから消え代わりに「スイート・ベルモット」が加えられ(逆にGin&Itというカクテルのバリエーションでジンをウイスキーにかえたものとも言える)都市の中心部の名前で呼ばれるようになったという。ところで、Manhattanという名前の由来は、1626年、オランダ人が土地を安く買おうとしたときアルゴンキン・インディアンの酋長に酒をいっぱい飲ませ酔ったときにさっと契約させた。酔いが覚めた酋長は、オレは〝Manhattan〞だったから、この契約は無効だといった。それをオランダ人は地名を教えてくれたと勘違いしたというもの。Manhattanとはアルゴンキン・インディアン語で〝酔っぱらい〞という意味だという。そのとき飲ませた酒はいくつかの酒を混ぜたもので、それがManhattanカクテルlのオリジナルだという話も伝わっている。

摩天楼に沈む夕日のようで、ほんのり甘苦く、アルコールをグッと感じる大人の味わい。